求人が選びやすいママ向けの薬剤師の働き方

派遣という法で守られたスタイルで働くことも安心感

派遣ならママでも薬剤師の仕事ができる派遣という法で守られたスタイルで働くことも安心感子育てに必要な費用はほぼ自分の稼ぎでカバーできる!

派遣社員なら雇用関係にあるのは派遣会社であり、その社員として契約をして働くことになります。
そのため、その契約書の内容から逸脱して仕事を命じると契約違反になるため、契約内容をよく確認しておけば予定外の労働が必要になることはないと理解できました。
つまり、職場からの要請でサービス残業をしたり、休日出勤をしたりする必要はなく、もし言われたとしても胸を張って断れます。
そう考えると働きやすさの観点からママ向けなのは明らかでしょう。
逆に自分が契約を破れないのは問題点かもしれないという懸念はありましたが、法律は全般的に労働者を守るようになっているので、子供が倒れたというような緊急事態があれば早退したり休暇をもらったりすることもできるので安心だと夫に言われて働く決断をしました。
薬剤師の派遣の仕事は数が多くて選べるのがメリットだと今でも感じています。
求人がたくさんあるので、もう少し働きたいと考えたら単発で仕事を入れることも可能です。
個々の契約はあまり長くなくてせいぜい一年程度なので仕事が辛いと感じるようになったときには少し我慢すれば辞めてしまって、もっと楽に働ける仕事を選べるのも魅力的でした。